限界公務員の書評?日記

仕事が忙しすぎてうつ病を発症してしまいましたが、回復とともに本を読むようになりました。読んだ本のアウトプットをするために、ゆるーく書評日記を書きたいと思います。

MENU

【書評】AI分析でわかったトップ5%社員の習慣 (著)越川 慎司

 

 この本は、約1万8000人のサンプルをもとに、AIと専門家の分析によって分かったトップ「5%の社員」と一般社員との違いを書いた本だそうです。

 

 「5%の社員」のマインドや行動パターンが気になるので、早速読んでいきたいと思います!

 

 

【ひと言要約】

 

 トップ「5%の社員」はここが違う!それを知れば、あなたも「5%の社員」に!?

 

【私的満足度】

 読みやすさ ★★★★☆

 学 び 度 ★★★★★

 総合満足度 ★★★★☆

 

【感想】

 

1.目標のことだけを考える

 

 「5%の社員」は、何かを成し遂げるために、目標を設定します。

 

 そして、その目標を最短距離で達成しようとします。

 

 また、彼らは過程よりも結果を重視します。

 

 最短距離で、なおかつ、結果を残すことを考えています。

 

 たとえ、失敗したとしても、失敗をそのままにせず、チャンスと捉えて同じ過ちを繰り返さないようにします。

 

 これを知った私はこう思いました。

 

 「わぁ、、、アスリートみたい、、、汗」

 

 やっぱり、何をするにしても成功するためには、ストイックじゃないとだめなんだよなー。

 

 甘々な気持ちじゃ何も変えられないと思うので、また体を壊さない程度に、ストイックになりたいと思います。(徐々にストイックになりたいと思います、、、)

 

2.休日の過ごし方

 

 「5%の社員」の休日の過ごし方は、次の3つの特徴があるそうです。

 

 ① 好きなことを自分で選んで自分でする

 ② 有酸素運動をする

 ③ 読書

 

 私的に、①、③はめちゃくちゃしていますが、②は全然できていません、、、

 

 有酸素運動が健康と脳に良いのは、なんとなく知っているのですが、面倒くさがってなかなかできていません。

 

 あと、最近外暑いので、外出したくなっていうのもあります、、、

 

 「5%の社員」に少しでも近づくために、週に2日ほど軽くランニングをしたいと思います!(多分します、、たぶん、)

 

3.あえて完璧を目指さない

 

 「5%の社員」は、8割くらいの目標を立て、完璧をめざさないようにしています。

 

 あえて完璧を目指さないことで、どんどん行動するようになり、結果として成功しやすくなるのです。

 

 逆に、完璧主義の人は、準備に大量の時間をかけてしまうので、無駄が増え、行動量がとても少なくなります。

 

 結果として、行動が起こせずに終わってしまい、成功を手にすることができない場合があります。

 

 あと、完璧を目指さない方が、気持ち的に楽だと思います。

 

 完璧にしようとして、できなかった時って、結構ショックですよね涙。

 

 8割くらいを目指して、どんどん仕事をするようにしたいと思います!

 

4.とにかく褒める

 

 「5%の社員」は、「ありがとう」という言葉を自然と周囲に言うことができます。

 

 特にトップ5%の社員は、一般の管理職よりも部下を4倍以上誉めているそうです。

 

 感謝を伝えることって、やっぱり大切なんですね。

 

 「ありがとう」と伝えることで、周囲を巻き込んで、いい影響を与えているのかも知れませんね。

 

 面と向かって「ありがとう」というのは、少し照れくさいですけど、積極的に言ってみようと思います。

 

5.ダ行の言葉を極力使わない

 

 ダ行の言葉とは、「だけど」、「でも」、「ですから」などの言葉を指します。

 

 「だけど」や「でも」などを使ってしまうと、言い訳をしているように聞こえ、マイナスなイメージを相手に与えてしまいます。

 

 なので、ダ行の言葉を使わずに、サ行の言葉を使うようにしましょう!

 

 サ行の言葉とは、「そうですか」、「承知しました」、「しかし」などの言葉を指します。

 

 これらの言葉を使うことで、相手の気持ちを受け止めつつ、対応することができます。

 

 印象も良くなるでしょう!(たぶん笑)

 

 「でも」「だって」と言いたい気持ちをぐっと堪え、「そうですか」「承知しました」という癖をつけたいと思います!

 

【まとめ】

 

 今回書いたこと以外にも、「5%の社員」の考え方や習慣がたくさん書かれていました。

 

 本当は、もっと書きたかったのですが、我慢しました笑。

 

 ためになることばかり書かれていましたので、皆さんもぜひ読んでみてください!