限界公務員の書評?日記

仕事が忙しすぎてうつ病を発症してしまいましたが、回復とともに本を読むようになりました。読んだ本のアウトプットをするために、ゆるーく書評日記を書きたいと思います。

MENU

【書評】日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術 (著)洗濯ブラザーズ

 

 ちょっと面白い本見つけました!

 

 洗濯の本です!!

 

 私は一人暮らしなので、洗濯はよくしますが、正直テキトーに洗濯しています汗。

 

 少しでも綺麗に洗濯したいということで、早速読んでいこうと思います!

 

【ひと言要約】

 

 あなたの洗濯は間違っている?正しく洗濯するにはこうしろ!!

 

【私的満足度】

 

 読みやすさ ★★★★★ 

 学 び 度 ★★★★★ 

 総合満足度 ★★★★★

 

【感想】

 

 正直、私の洗濯の仕方は間違っていました涙。

 

 参考になったことを少し書いていこうと思います。

 

1.部屋干しか?外干しか?

 

 結論から言うと、部屋干しの方が服が痛みません。

 

 外干しをしてしまうと、紫外線が当たってしまって、色が抜けてしまいます。

 

 もし、外干しをするときは、裏返して干すようにしましょう。

 

 日光が差し込む部屋で干すときも同じように、裏返して干すようにしましょう。

 

 正直、外干しの方がいいのではないかと思っていました、、、

 

 テレビとかでも外干ししているシーンとかありますもん、、、

 

 これからの部屋干しを徹底したいと思います!

 

2.プレウォッシュで黄ばみのない仕上がりに

 

 プレウォッシュとは、洗濯前の前処理や予洗いのことをいいます。

 

○用意するもの

 スプレー容器に、弱アルカリ性の洗濯用液体洗剤と水道水を1:1の割合で混ぜたものを入れる。

 

 全体にまんべんなく1回、汚れが気になるところに3回スプレーをし、15分置いてから、洗濯する。

 

 頑固な汚れがあるところは、スプレーした後にブラシでトントン叩くようにすると、汚れが落ちやすくなります。

 

 ボールペンや口紅など、油性の汚れにも有効です。

 

 私は毎日のようにワイシャツを着るので、徐々に黄ばみが目立ってきます涙。

 

 用意するものも簡単で、すぐ実行できるので、黄ばみが気になってきたら早速やってみたいと思います!

 

3.洗濯槽を洗浄する

 

 洗濯して、部屋干ししたのに臭う、、、

 

 そんな時、真っ先に疑うのは、洗濯槽の汚れです。

 

 そのまま放置してしまうと、洗濯をしているのに、かえって菌を服に付けることになってしまいます。

 

 なので、春夏は1ヶ月、秋冬は3ヶ月に1回洗浄するようにしましょう。

 

 あっ、洗濯槽の洗浄を全くしていませんでした涙。

 

 明日、ホームセンターに行って、洗濯槽クリーナーを買おうと思います!

 

4.洗濯ネットの使い方

 

 シルク、ウール、カシミヤ、アンゴラなどの動物性繊維のものは、必ず洗濯ネットを使用して、洗濯するようにしましょう。

 

 型崩れやシワをつけたくないものも同様に、洗濯ネットを使用しましょう。

 

 洗濯ネットに服を入れたら、余っている部分は縛って、ネットの中で服が動かないようにしましょう。

 

 服が動いてしまうと、ネットの中で服が動いてしまうため、ネットに入れる意味がなくなってしまいます。

 

 かといって、小さなネットにぎゅうぎゅうに服を詰め込むのはNGです。

 

 かえってシワになってしまいます。

 

 また、シャツやズボンは、きれいに折り畳んでからネットにいれて洗濯しましょう。

 

 洗い上がりのシワや縮みを防止することができます。

 

 洗濯ネットを使って洗濯をしていましたが、スカスカのまま洗濯していました涙。

 

 次回からは、ちゃんと畳んでネットにいれて、スペースが余ったら、縛ってスペースを余さないようにしたいと思います!

 

【まとめ】

 

 この本には、洗濯に関する知識が詰まりに詰まっていました!

 

 皆さんも間違った洗濯をしているかも知れませんので、1度読んでみてはいかがでしょうか!