限界公務員の書評?日記

仕事が忙しすぎてうつ病を発症してしまいましたが、回復とともに本を読むようになりました。読んだ本のアウトプットをするために、ゆるーく書評日記を書きたいと思います。

MENU

【書評】「あすを楽しむ」ために「いまを生きる」 (著)ゆう

 

 休職経験から、フリーランスへ転身した「ゆう」さん。

 

 筆者の体験を赤裸々に書き留めているということで、早速読んでみようと思います!

 

 

【ひと言要約】

 

 今を大事に生きて、明るい未来に繋げよう!きっと変われる!

 

【私的満足度】

 

 読みやすさ  ★★★★☆

 学 び 度 ★★★★☆

 総合満足度 ★★★★☆

 

【感想】

 

1.日々の積み重ねを自信に変える

 

 仕事でも日常生活でも、停滞して気分が落ち込んだり、現状維持を続けたりしてしまう時期があると思います。

 

 そんな状況を脱却する方法があります。

 

 それは、「日々の積み重ねを自信に変える」ことです。

 

 例えば、ブログを始めてみるとか、筋トレをしてみるとか、色々あると思います。

 

 ハードルは低くても問題ないので、とにかく続けてみてください。

 

 そして、続けられた自分を褒めてあげてください。

 

 慣れてきたら、徐々にハードルを上げていきます。

 

 この繰り返しで、知らない間に現状を打破することができます。

 

 私的には、無理せず続けるというところが大事だと思います。

 

 無理してストレスになってしまったら、元もこもありません涙。

 

 最初は自分が思っている6〜7割くらいの目標で継続するのもいいかもしれませんね。

 

2.逃げるは負けは間違い!

 

 「逃げるは負け」と言う人がいますが、それは間違いであると筆者は言います。

 

 逃げることは悪いことじゃない!悪い環境にいるなら今すぐ逃げろ!

 

 逃げることで得られるものもあるはず!

 

 私も心からそう思います!

 

 うつ病になって思ったことがあります。

 

 もっと早く逃げていたら、もっと症状が軽かった、もしくはうつ病になっていなかったかもしれないと、今なら思います。

 

 その場合、得られていたものは、健康的な私だったのかもしれません。

 

 生きる上で一番大切なのは、自分だと思います。

 

 もし今の環境が辛いと思っている人がいましたら、今すぐ逃げましょう!

 

 周りのことなんて考えなくていいです!自分を大切にしてください!

 

 3.苦手な人と仕事をするときの対処法

 

 苦手な人と仕事をする時に気をつけたいことは、3つあります。

 ① とにかく受け流す

 ② 相手に無理やり合わせない

 ③ 必要最低限、常識の範囲内で接する

 

 ①〜③を意識することで、ストレスなく苦手な人と接することができます。 

 

 苦手な人は必ず出てくると思います。

 

 相手を思いやることも大切ですが、まずは自分の気持ちを大切にしてあげてください。

 

 何事をするにしても、ストレスがないことが一番ですよね。

 

 私の周りには、今は苦手な人がいませんが、今後苦手な人が出てくると思うので、その時はこのことを気をつけて、ストレスを溜めないようにしたいです!

 

【まとめ】

 この本は、筆者の体験から語った無理をせずに、未来を生きることが書かれた本でした。

 

 休職した経験があるということで、親近感が湧きました笑。

 

 筆者の思いが詰まった作品となっておりましたので、

 

 最近無理してるなーとか、ストレス溜まってるなーとか思っている人は、ぜひ読んでみてください!