限界公務員の書評?日記

仕事が忙しすぎてうつ病を発症してしまいましたが、回復とともに本を読むようになりました。読んだ本のアウトプットをするために、ゆるーく書評日記を書きたいと思います。

MENU

【書評】心を壊さない生き方 (著)Testosterone

 

 メンタルを壊して、うつ病になってしまった私ですが、、、

 

 もうメンタルを壊したくない!!

 

 ということで、この本を読んでいきたいと思います!

 

 

【ひと言要約】

 

 絶対無理はするな!メンタルを壊さない方法を色々ご紹介!!

 

【私的満足度】

 

 読みやすさ ★★★★★

 学 び 度 ★★★★★

 総合満足度 ★★★★★

 

【感想】

 

1.野菜や果物が幸福感を高める?

 

 野菜を食べることは、メンタルヘルスにポジティブな効果があるという研究結果があります。

 

 また、フルーツと野菜の摂取量を増やした人々は、食生活を変えなかった人々よりも幸福感と生活への満足感が高かったとする研究結果もあるそうです。

 

 そして、缶詰のものでは効果が得られないため、新鮮なものを食べる必要があるそうです。

 

 今思ってみると、うつを発症した時は、野菜や果物をあまり食べていませんでした、、、

 

 主に肉中心のメニューだったと思います、、、

 

 ですが、最近は野菜をよく食べるようにしています。

 

 そのおかげか、メンタルは非常に安定しています!

 

 当分は、野菜と果物中心の食生活にしていきたいと思います!

 

2.朝食を食べる

 

 朝食をとる人ととらない人では、朝食をとる人の方が、栄養状態がよく、運動・肺活量も多く、勉強時間も増え、うつ症状も少なかったという研究結果があります。

 

 また、食生活について、日本人を対象にした研究があります。

 

 その研究によると、うつ病になった人は頻繁に間食したり、夜食をとったりする人が多い一方で、朝食を食べる人は少なかったそうです。

 

 昔は朝食食べてなかった、、、

 

 今は、納豆ご飯と味噌汁を食べています。(朝あまり食べられないのでこれくらいにしてます)

 

 そのおかげか、朝からもりもり活動することができます!

 

 この習慣は、これからも続けていきたいと思います!

 

3.緑茶を飲む

 

 緑茶を1日4杯以上飲む人たちは、1杯以下の人たちに比べて、うつ病のリスクが半分以上に減るという研究結果があります。

 

 では、なぜ緑茶を飲むとこのような効果があるのでしょうか?

 

 それは、テアニンという成分のおかげです。

 

 テアニンは、記憶力、意欲、情報処理能力などの認知機能改善の効果がある可能性が示唆されています。

 

 私は、これを知ってから、職場で飲むものをブラックコーヒーから緑茶にシフトしました。

 

 でも、4杯は飲んでないかも、、、

 

 今後は、4杯飲むことを意識し、緑茶をぐびぐび飲んでいこうと思います!

 

4.睡眠をしっかりとる

 

 やはり、睡眠はめちゃくちゃ大事だそうです!

 

 著者の筋トレ大好きTestosteroneさんが筋トレよりも大事というくらい大事です。

 

 現代人の大多数は睡眠不足に陥っています。

 

 日本人の睡眠時間は、先進国の中でもワースト1位だそうです。

 

 では、何時間の睡眠が理想とされているのでしょうか?

 

 7〜9時間の睡眠が理想とされています。

 

 また、就寝時間と起床時間を固定することも重要だとか。

 

 忙しくて体を壊してしまった時は、全然寝れてなかった、、、

 

 7〜9時間睡眠なんて、1日もできていませんでした、、、

 

 幸い、今は8時間くらいの睡眠時間を確保できています。

 

 疲れを持ち越すこともあまりなく、生き生きと生活できているように思います。

 

 これからは、どんなに忙しくても、8時間睡眠を確保していきます!

 

5.運動する

 

 運動習慣ができると、全体の睡眠時間が長くなることがわかっています。

 

 就寝1時間前に激しい運動をしてしまうと、逆に睡眠の質が下がってしまうので注意が必要です。

 

 また、運動を行なっている人は、行なっていない人よりも、精神状態がいい日の割合が40%高かったとの研究結果があります。

 

 筋トレでも有酸素運動でも効果があるそうです。

 

 運動をするだけで様々なメリットがある、、、

 

 やっぱり、筋トレするしかない!!

 

 今からダンベルを持って筋トレしようと思います!!

 

 筋トレは百薬の長!!!?

 

【まとめ】

 

 今回書いたこと以外にも、この本にはたくさんのメンタルを壊さない方法が書かれていました。

 

 対話形式の本となっていましたので、とても読みやすかったです。

 

 メンタルが壊れそうな人やメンタルが壊れてしまってどうしようか悩んでいる人がいましたら、ぜひこの本を手にとってみて下さい!