限界公務員の書評?日記

仕事が忙しすぎてうつ病を発症してしまいましたが、回復とともに本を読むようになりました。読んだ本のアウトプットをするために、ゆるーく書評日記を書きたいと思います。

MENU

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大切にするのか? (著)戸塚 隆将

 

 エリートが身につけている「基本」とは?

 

 気になるので、早速読んでみようと思います!

 

【ひと言要約】

 

 難しいことはいらない!成功するには、やっぱり基本が大事!!

 

【私的満足度】

 

 読みやすさ ★★★★☆

 学 び 度 ★★★★★ 

 総合満足度 ★★★★☆

 

【感想】

 

1.「すみません」よりも「ありがとう」を伝える

 

 「すみません」という言葉には、「ありがとう」という感謝の意味と「ごめんなさい」という謝罪の意味が含まれています。

 

 「すみません」には、感謝の意味が含まれていますが、感謝の気持ちを述べるには不十分で伝わりきれない特徴があります。

 

 ですので、感謝を伝えるときは「ありがとう」という言葉を使うようにしましょう!

 

 私も上司から、「すみません」よりも「ありがとう」を使えと言われた経験があります。

 

 「すみません」だと謝られている気分になり、あまり気持ちが良くないとのことでした。

 

 逆に、「ありがとう」だと、感謝の気持ちが伝わるため、気持ちがいいとのことでした。

 

 確かにその通りだと思います。

 

 後輩を指導する立場になり、それを痛感しました。

 

 今後も「ありがとう」を伝えることを心がけて生活したいと思います!

 

2.仕事を頼まれたら、その場で完成イメージを共有する

 

 上司や仕事仲間から、仕事を頼まれることがあると思います。

 

 そんなときは、その場で完成イメージを共有するようにしましょう。

 

 イメージを共有することで、さまざまな問題を回避することができます。

 

 例えば、相手とイメージが異なることで、完成間近に大幅な修正が必要となってしまうケースや相手が求めるものと全く異なるものを提出してしまうケースを避けることができます。

 

 完成間近に大幅な修正なんて起こってしまったら、メンタル削られますよね、、、

 

 絶対やりたくないです!

 

 ということで、イメージは必ず共有していきたいと思います、、

 

3.上司に聞かれる前に報告する

 「あの件どうなっている?」なんて上司に聞かれることってありますよね、、、

 

 突然聞かれるもんだから、慌てて対応してしまい、うまく報告ができません。

 

 私なんか、特にそうです汗。

 

 それなら、いっそのこと、上司に聞かれる前に報告してしまいましょう!

 

 そうすることで、事前に準備してから報告することができるので、慌てて報告してしまう心配もありません。

 

 また、自分なりの準備ができるので、自信を持って対応することができます。

 

 お願いされたことは、早めに片付けた方がいいのかも知れませんね。

 

 私の職場には、催促してくる上司は幸いいませんが、そんな上司に出会してしまった場合は、早めに自分から報告することを心がけたいと思います!

 

【まとめ】

 

 この本には48もの「基本」が記載されていました。

 

 どれも私たちの基盤となるものでしたので、初心に戻りたい人や基本ってなんだろうって思っている人がいましたら、ぜひ読んでみてください!