限界公務員の書評?日記

仕事が忙しすぎてうつ病を発症してしまいましたが、回復とともに本を読むようになりました。読んだ本のアウトプットをするために、ゆるーく書評日記を書きたいと思います。

MENU

【書評】結果を出し続ける人が朝やること (著)後藤 勇人

 

 私、朝弱いんですよ、、、

 

 でも、朝早く起きて、朝を有効活用したいと思っている自分もいます。

 

 朝を有効活用する習慣をつけたい!ということで、さっそくこの本を読んでいこうと思います!

 

 

【ひと言要約】

 

 朝とる行動を見直し、改善していくことで、結果が変わる!

 

【私的満足度】

 

 読みやすさ ★★★★☆

 学 び 度 ★★★★☆

 総合満足度 ★★★★☆

 

【感想】

 

1.今日一日は上手くいくと決めてしまう

 

 朝起きて、ベットからなかなか出られない体験って、誰しもが経験したことがあると思います。

 

 私なんて、しょっちゅう起きれません涙。

 

 そんな時は、ベットの中で、その日一日を上手くいくと決めてしまうのです。

 

 ざっくりでもいいので、想像するだけで大丈夫です。

 

 仕事のことでもいいですし、プライベートのことを想像するのもいいと思います。

 

 上手くいくイメージを持つと、不安要素を消し去る効果もあります。

 

 ベットの中でぼーっとするより、遥かに有意義な時間となるでしょう。

 

 最近、ネガティブだなーと思っている人におすすめな習慣です。

 

 すぐ実践できると思いますので、ぜひやってみてください! 

 

2.簡単なストレッチと筋トレをする

 

 朝起きると、体がだるいと感じるときがあると思います。

 

 そんな時は、簡単なストレッチと筋トレをしましょう!

 

 朝のパフォーマンスが上がるだけではなく、腰痛予防や怪我の防止にもなります。

 

 何をするにも体が健康でいることが一番です!

 

 体に感謝し、労わるようにしましょう!

 

3.デスク周りを片付ける

 

 仕事をうまく回すためには、毎朝デスク周りを片付けるようにしましょう。

 

 デスク周りが汚いと、探し物に時間がかかってしまったり、周りの人に不快感を与えてしまうかもしれません。

 

 また、デスクが片付くと、余計なものが目に入らなくなり、集中力が上がります。

 

 少しめんどくさいかもしれませんが、すぐに効果が出るものですので、意識して取り組んでいきたいですね。

 

4.怒りの感情を捨てる

 

 怒りの感情を抱えたまま、仕事に向かってしまうと、そのことが気になって仕事の効率が低下してしまいます。

 

 そんな時は、朝出勤する前に、思い切って怒りの感情を捨ててしまいましょう。

 

 怒りを捨て、自分の行動に集中することで、高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

 といっても、怒りの感情をなかなか捨てられないこともあると思います。

 

 私はよく怒りの感情を捨てきれずに仕事に向かってしまうことがあります。

 

 そんな時は、自分の行動に集中し、怒りを忘れるようにしたいと思います。

 

 怒りにコントロールされるのではなく、怒りをコントロールできるようになりたいと思います!

 

【まとめ】

 朝の習慣がいかに仕事や日常生活に影響を与えるのかがわかる本でした。

 

 朝の習慣を見直すと、人生が変わるかもしれませんね。

 

 私のように、朝の習慣を変えたいと思っている人にピッタリな本となってましたので、皆さんもぜひ読んでみてください!