限界公務員の書評?日記

仕事が忙しすぎてうつ病を発症してしまいましたが、回復とともに本を読むようになりました。読んだ本のアウトプットをするために、ゆるーく書評日記を書きたいと思います。

MENU

【書評】時間革命 (著)堀江貴文

 タイトル通り、自分の時間の使い方に「革命」を起こしたいと思い、この本を読もうと思いました。

 

 では、早速読んでいきたいと思います!

 

 

【ひと言要約】

 他人時間で生きるのではなく、自分時間を生き、人生を有意義に過ごせ!

 

【私的満足度】

 ★★★★☆

 

【感想】

1.自分時間を生きろ!

 日々の生活の中で、私たちはさまざまな時間の使い方をしています。

 

 自分の好きな時間を過ごしたり(自分時間)、やりたくない仕事をしたり(他人時間)、、、

 

 自分の人生を充実させるには、「自分時間」を増やす必要があります。

 

 やりたくない仕事やしたくないことに囲まれて生きていたら、そりゃ楽しくないですよね。

 

 自分時間と他人時間を判断する習慣をつけ、これからは自分時間を多く確保できるようにしていきたいです!

 

2.すきま時間を活用せよ!

 私たちの時間の使い方を見直してみると、ぼーっとしている時間や待ち時間などが多く存在することに気がつくと思います。

 

 その時間を有効活用し、「自分時間」を増やすことができるのです!

 

 例えば、すきま時間で英単語を学ぶもよし、ニュースや本を読むのもよし!

 

 長い間、すきま時間を無駄に過ごしてしまうと、何時間もの有効活用できる時間を失ってしまうことになります。

 

 これからは、すきま時間を見直し、自分の有益な時間とするよう心がけていきたいと思います。

 

3.まず始めてみる

 「継続は力なり」という言葉がありますが、物事を始める際、「今後続けていけるだろうか」「途中で辞めてしまわないだろうか」など多々不安に思うことがあると思います。

 

 しかし、そんなことを考える暇があったら、まず始めてみることが重要なのです。

 

 一番最悪なのは、心配だけして何も始めないことだと思います。

 

 私もこのブログをとりあえず始めてみました。今も何もノウハウはありません。でも、日々勉強になっているので、やって良かったと思っています!

 

 新しい物事を始めるときは、「ダメだったら次に切り替える」くらいの気持ちで始めてみるのもいいかも知れませんね。

 

4.睡眠時間は削るな

 みなさん知っての通り、睡眠時間を削るのは、やっぱりまずいです。

 

 睡眠時間の減少は、心身ともにダメージが蓄積されていきます。

 

 私自身、仕事で悩むことが多くあり、眠れない日々が続き、とうとううつ病になってしまいました。

 

 どんなに忙しくても睡眠時間は必ず確保していきたいですね。(なかなかうまくいきませんが涙)

 

【まとめ】

 社会の常識に囚われず、自分を変えられるようになる一冊でした。なかなか面白い本でしたので、みなさんも読んでみてはいかがでしょうか。今度、堀江氏の別の本も読んでみようと思います。