限界公務員の書評?日記

仕事が忙しすぎてうつ病を発症してしまいましたが、回復とともに本を読むようになりました。読んだ本のアウトプットをするために、ゆるーく書評日記を書きたいと思います。

MENU

2022-06-17から1日間の記事一覧

【書評】最後の授業 ぼくの命があるうちに (著)ランディ・パウシュ

末期がんに犯された筆者が、後世に何を伝えたかったのか、気になったのでこの本を買ってみました。 果たして感動できるのか?早速読んでみたいと思います。 【ひと言要約】 人、夫、父として、後世に伝えたいことをポジティブに描いた作品。 【私的満足度】 …